ストレッチ(骨格筋を伸ねして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることをいいます)とは、静止して行う柔軟体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)の一種であり、運動を行う前の準備運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)のことを言います。ストレッチには、運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)の前に行うウォーミングアップストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)と運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)後に行うウオームダウンストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)があるでしょうか。ウオームアップストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)は、これから運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)をすれねいうのを筋肉に伝えるために行うもので、全身の筋肉を伸ばし、体を柔らかくする事でケガを防止するのが主な目的です。特に寒いときなどは筋肉が硬直していて、急に運動をはじめるとケガの危険性が高くなるので、ストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)は必須です。一方、クーリングダウンストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)は、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が終わって疲労した状態にある筋肉を回復させることが目的。体をリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)させるために座って行うことが多く、疲労物質を早く除去出来るよう血流を良くするためにおこなうでしょう。このクーリングダウンのストレッチ(柔軟性が増す他、可動域が広がる効果もあるでしょう)、実は脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)の燃焼を促進させるといわれています。運動後ですので脂肪燃焼(褐色脂肪に冷たさを感じるような刺激を与えると、脂肪が燃焼しやすくなるでしょう)とは関係ないだろうと思われがちですが、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をした後も、三十分から一時間は体脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)の燃焼が続いており、そのときに行うストレッチはダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)に効果があります。よってストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)がダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)に効果のあるのは、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)の前ではなく、有酸素運動後と言えるでしょう。だからと言って、運動する前のストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)も決しておろそかにしないように。怪我をせず、安全に運動をするためには必要だと言われていますから。ウオームダウンストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)は、脂肪燃焼(褐色脂肪に冷たさを感じるような刺激を与えると、脂肪が燃焼しやすくなるでしょう)を促進させるに限ったことではなく、翌日に疲労を残さないと言う効果もある為、丁寧に行うようになさってくださいー